結婚詐欺について

結婚詐欺について

結婚詐欺も他の多くの詐欺と同様に、被害者が詐欺に遭ったと認識していないケースが多いようです。

そもそも結婚詐欺の定義はあいまいで、一般には「結婚の意志がないにも関わらず、結婚することを条件に金品などを奪い取ること」とされています。つまり「最初から(あるいは途中から)騙し取るつもりだった」という場合が詐欺になるということです。

さて、プロポーズと言えば“婚約指輪”最近では、プロポーズの後に二人一緒に婚約指輪を買いに行くのが主流となっている様ですが、
夫婦の記念日は大切に
プロポーズの時に貰いたいというのも、まだまだ根強い人気ですね。


結婚詐欺の手口はさまざまですが、「結婚するために経済的問題があり、自分の力ではどうすることも出来ない」という主張を表明することで、相手に「ではその問題を私(被害者)が取り除くことが出来たなら、晴れて結婚することが可能になる」と思わせるという原理は同じです。

具体例を挙げるなら「親や兄弟の借金」や「経営(勤務)している会社でのミスによる損失」の補填といったものが多く、直接本人に責任が無いか、あっても同情の余地が大いにある内容というのが特徴で、その手口や実例はテレビやネットでいろいろと紹介されています。結婚相手の条件

そんなメディアの紹介の中でよく言われるのが、被害者の特徴としては「自分だけは大丈夫と考えている」「プライドが高い」「情報収集が好きで知識が豊富である反面、想定外の状況に弱い」「本能的に危険を察知していても、それを信じることができない」といったことが言われます。男女でみると女性の被害者が圧倒的に多いのは、結婚への訴求心の違いが反映されているとも言えるでしょう。

加害者(詐欺師)の特徴はというと、外見的な傾向はなく、俗に言う二枚目もブサイクも標準的な容姿の人もいます。たいていの場合、将来的には経済的に恵まれる可能性を秘めているパターンが多く、結婚という条件が「将来の生活の安定」を意味している場合が良く見られます。

もっといえば、デザインはセンスだけではありません。経験や知識など、積み重ねていくことで確実にステップアップしていける要素が沢山あります。
デザイン一つでホームページは大きく変わる
それがウェブサイトのデザインとなると、より一層、周辺知識が大切になってくるように思えます。

しかし、加害者や被害者のタイプをいくら知ったところで、この人は(自分は)大丈夫と思い込むからこそ詐欺被害に遭うのですから、下手な先入観はかえって危険だと認識すべきでしょう。

それは、単純に「走れなくなった時」が寿命とは限らないという現実です。
自動車の本当の寿命を考える
乗る機会がなければ、自ずと必要性がなくなり、それが実際に車の「寿命」という考えもあるからです。

ここで大事なことは、被害者は加害者と結婚したいと強く考えている点です。相手が自分の求める結婚相手だと「誤解」してしまうのは、その理想が「詐欺師にでも作り出せてしまう程度のものである」ということです。

これが仮に結婚詐欺のことではなくとも、あなたが知りたいのは相手の真実の姿でしょう。相手が自分の理想に合致しているか否か、冷静に見極める目が重要になるのは、何も詐欺被害に遭わないためだけのことではないはずです。