ウェブデザインの奥深さ

ウェブデザインの奥深さ

人でも物でも第一印象ってすごく大事ですよね。それはホームページでも同じこと。自分が利用する立場にたって考えてみても、確かにところ狭しと情報が詰め込まれていて、どこが大切なのか分かりにくいサイトや、色使いが不愉快なサイト、扱うテーマとホームページの雰囲気があっていないサイトなどには二度と訪れたくなくなります。見やすくて、おしゃれで、かっこよくて、取り扱うテーマにバッチリはまっていて、大切な情報がきちんとわかるホームページ…。
Webサイト制作の一連の流れをまとめてみました | Arch

ちょっと前までの私は、どうしてそんなホームページが自分のような素人にも構築できるだろうと安易に考えていたのでしょうか?私が作りたいのは自分のハンドメイド小物を販売するためのwebショップ。

自分の作る小物の雰囲気にあっていて、それていて商品が引き立ち、シンプルでおしゃれなデザインにしたいんです。でもそれを実現しようとするともっとHTML やCSSについて勉強しなければならず…。
ホームページ制作 仙台
小物作りに専念したいので、ホームページ作りのための勉強にそこまで時間をかけられません。そうかと言って、今ある適当な知識でなんのデザイン性もないホームページになってしまうのは絶対に嫌だし…そんなデザイン性の欠けたwebショップには誰も興味を持ってくれないことぐらいすぐに想像がつきます。

ホームページの第1印象で興味を持ってもらえなければ、そこに並んでる商品なんか見向きもされないでしょう。これから、自分のライフワークとしてハンドメイド小物を販売していきたいと考えてる私にとってそれは死活問題です。前回のテーマでも少し触れましたが、デザインは一度決めれがば終わりというものではありません。

自分が見ていて楽しいショップのデザインは、季節ごとに変化があって、何回訪れても楽しみのある作り。ホームページ作り素人のデザインセンスでは商業的に成功できないのではないかと実は私も思い始めています。自分で作るなどすればどうしたらいいのでしょうか?
Mozilla、ビギナー向けWebサイト作成ツール「Thimble」を発表 - ITmedia ...

ちょっと調べてみると、今はこういった個人のWebショップでも、プロのホームページ制作会社に依頼する場合が増えてきているようです。ホームページの制作会社なら確かに専属のデザイナーやプログラマーが在籍していますから、効果的なデザインのサイトを構築してもらえるでしょう。それはもちろん自分で作るよりは費用はかかります。

しかし自分で作って誰も来てもらえないのでは、コストも何もあったものではありません。Webデザインがその後のホームページの集客力を決める、非常に重要なツールだということが私にはも理解できてきました。それにはプロの手を借りたほうがいいかもしれないということも…。